見出し画像

第33回 『箕輪大陸』のこれから

★この記事は単品でも購入できますが、月額マガジン『編集2.0』内にも含まれています

末吉:前回に引き続き、『箕輪大陸』の監督である大竹大也さんに来ていただいております。

大竹:お願いします。

末吉:『箕輪大陸』はどんな映画になりそうですか?

大竹:わからないです(笑)。

末吉:未知なんですね。

大竹:いま脚本考え中なんです。

箕輪:いま素材をとりあえず集めている状態だね。

大竹:だから今度やる山梨合宿で脚本会議をしようかなと思って。

箕輪:やろうよ。そこで決めちゃおうよ。

大竹:僕が一人で全部考えちゃうのもありなんですけど、みんなの意見を取り入れたいなと思っていて。山梨合宿がその機会かなと思いますね。

箕輪:そこでがっつりやっちゃおう。

末吉:脚本、決まっちゃう感じですね。

大竹:決まっちゃうっす。

末吉:おお、すごいですね(笑)。で、なんか聞いたことによると公開日は決まってるらしいと。

大竹:決まってます。

末吉:噂はちょっと聞いたんですけど、言っちゃって大丈夫なんですか?

大竹:言っちゃいますか。

箕輪:いいよ。

ここから先は

1,897字
この記事のみ ¥ 600
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?