見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪大陸ついに公開!熱狂の原点にあったものとは。

おはようございます。箕輪編集室 運営の三浦俊平です。8月29日(水)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

昨日8月28日は待ちに待った映画「箕輪大陸」の公開日。箕輪さんの33歳のお誕生日であり、著書『死ぬこと以外かすり傷』の発売日でもありました。箕輪さんを応援・フォローするたくさんの人たちが、TwitterやFacebookで思い思いに箕輪さんへの「ハッピーバースデー」と「ありがとう」の言葉を贈る一日となりました。

■箕輪大陸創世記

記念すべき箕輪大陸の公開日翌日に日刊みの編NEWSの執筆が回ってきたのも何かの縁だと思うので、今日はわたしの視点からの箕輪大陸について少し書きたいと思います。

私が箕輪編集室に入会したのは去年の7月下旬で、まだそれほど箕輪さんとメンバーの距離が縮まっていなかった頃でした。当時の箕輪編集室は、定例会のゲストが豪華なこともあり、箕輪さん自身に対する興味よりも、「箕輪さんの編集する本や、彼の周辺を取り囲む環境や人」に興味を持って参加している人が多かった気がします。

そんなみの編メンバーと箕輪さんの距離が一気に近づくきっかけのひとつとなったのが、10月下旬に行われたカラオケ突発オフ会でした。

■伝説のカラオケオフ会

それまで、定例会や何かしらのイベントでしか触れ合うことのなかった箕輪さんが、10月下旬に急にこんな書き込みをしました。

この書き込みに、みの編メンバー達が続々と参加を表明しはじめます。そんな中に、後に箕輪大陸の監督となる大竹くんの書き込みもありました。

たまたま当日、大竹くんたちは、「カメラ班(当時)」の懇親会ということで、新宿で集まっていたんです。

そのメンバーが、箕輪さんの書き込みを見て突発カラオケオフに合流。そのオフ会の中で、大竹くんが箕輪さんへの密着を申し出たことから、箕輪大陸の企画は生まれたんです。(最近入会した方はあまり経緯をご存じないと思いますが、こんなちょっとしたきっかけから始まったプロジェクトだったんですよね)

カラオケオフから5日後、みの編ラジオの発起人でもある「小瀧くん(先月みの編を卒業)」が「箕輪大陸」という単語を初めて箕輪編集室のFacebookグループに投稿しました。

ここから10ヶ月にわたる密着&制作の日々が始まったんです。

■何者でもなかった男、箕輪厚介の10ヶ月の全記録

箕輪さんは当時から一貫して「情熱大陸が撮影に来ないから自分たちで作っちゃうことにした」といっていましたが、正直昨年10月時点の箕輪さんから、10ヶ月後の今日、33歳になった箕輪さんが”こんなことになっている”と想像できた人はほぼいなかったと思います。(すいません、わたしもそうでした)

箕輪厚介というこの時代に生まれた稀有な存在にブレイクする前から密着した、この「箕輪大陸」というコンテンツは、実はものすごい価値があるものだと考えています。成功を遂げた人が昔を振り返って再現VTRを作るのとは違い、その日その日を懸命に生きている「箕輪厚介」の生の姿を切り取り、10ヶ月もの間、その成長の記録をフィルムに残す。

「現状を打破したい」、「やりきりたい」、「箕輪さんのようになりたい」、そういう思いを抱くすべての人にとって、この成長の記録は心に突き刺さり、エネルギーを与え、生きる原動力となることは間違いないでしょう。

監督の大竹くんだけでなく、稲場くん、吉田くん(タカオミ)、駒月くんのそれぞれも、箕輪さんに密着し、編集をやり切る中で箕輪厚介の成長カクテルを浴びるように飲み、行動様式をインストールし、成長したのではないでしょうか。

■箕輪大陸に収録し切れなかったコンテンツも

箕輪編集室のFacebookグループには、映画で使用した以外にもたくさんの箕輪さんの動画・音声コンテンツがストックされています。『死ぬこと以外かすり傷』の書籍を読み、箕輪さんに興味を持った人にとって、考えを深め、箕輪厚介をより深く理解するためのコンテンツがたくさんあるので、本を読んで感銘を受けた人にこそ「箕輪編集室」への入会をオススメしたいな、と思うのです。

■箕輪大陸の原点にいたもう一人の青年の話。

最後にちょっとだけ。個人的な思いを書かせてください。

今回の箕輪大陸、大竹くんとともに最初に手を上げ、この企画を軌道に乗せてくれた”小瀧くん”にもぜひ本編映画を観てほしいなぁ。この映画はみの編を卒業して、自分自身の目指す道を歩み始めた小瀧くんへの、箕輪さんからのエールでもあるよね、って個人的には思っています。

メンバーであるときはもちろん、卒業してからもみの編で出会った仲間たちとこうしてつながれるのって本当にステキだなと思います。これから参加してくださる方、これまで参加してくださって新たな道を歩み始めた方、すべての方に「箕輪大陸」をオススメしたいと思います。

昨日の豊洲での上映に残念ながら参加できなかった方も、「クラウドファンディングにて上映権を取得された方」による独自の上映会が今後もあるので、その機会にぜひご覧ください!(大竹監督や大陸クルーのTwitterをフォローしていると情報が入ってくると思います!)

最後は、箕輪大陸クルーそれぞれの振り返りツイートで締めたいと思います。みんな、感動をありがとう、おつかれさまでした!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
8/30(木)[フットサル部]第二回みの編スポーツ飲み会!
8/31(金)
[関東チーム]みのうちわを作ろう!
[関西チーム]第三回関西チーム読書会『死ぬこと以外かすり傷』
9/2 (日)
[神社チーム]
9月度チームミーティング&神社でポートレート撮影会(カメラゼミ)
9/3(月)[関西チーム]戦略ミーティング
9/4(火)*『死ぬこと以外かすり傷』読書会
9/6(木)[フットサル部]朝渋×箕輪編集室合同フットサルvol.2
9/7(金)[関西&中部チーム]合同飲み
9/8(土)[関西チーム]新歓
9/15(土)[PRチーム]9月度新歓 オフライン+ZOOM同時開催
9/17(月)[関西チーム]関西チーム戦略MTG
9/19(水)*9月定例会 ゲスト:イケダハヤトさん 

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/三浦 俊平
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 1010本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。