箕輪厚介 書き下ろしコラム

1
ノート

読書という荒野 いよいよ発売

発売前から煽りすぎて
もはや、まだ発売してなかったのかと思いますが、いよいよ「読書という荒野」今日から本格的に並び始めます。

僕の人生が大きく動き始めたのは、
「たった一人の熱狂」見城徹

を3年くらい前に双葉社でつくってから。

あれから時がたち見城さんに温かく見守られながら、
最近では調子に乗ってますが、
見城さんに学んだことがすべてです。

狂気になること、その分誰よりも仁義を

もっとみる