夕刊ミノ_バナー

【夕刊ミノ】コミュデザチームレポ「安心してアウトプットできる環境を作るチームを目指して」

こんばんは。箕輪編集室コミュニティデザインチーム(以下、コミュデザ)の天野です。
8月12日(日)の夕刊ミノをお届けします。

コミュニティデザインチームって何ぞや?という方はまずチームリーダーこっとんさん執筆のコチラをお読みください。

スキルがなくても、楽しみたいという思いがあればいい

8月4日にZOOMにてコミュデザのオリエンが開催されたので、その模様についてお伝えします。

私はみの編の入会が7月末で、入ったばかり。正直、わからないことだらけでした。また、デザインやライティング、編集の知識は皆無です。

ただ、地元で暮らしていたころには10名程度のグループ(同級生の仲良しグループ、草野球チームなど)を作り、そのグループでイベントを立てて遊ぶことはよくやっていました。

ツイッターなどで箕輪編集室の活動を見ていると、それっていわゆるコミュニティだよね?と気がつき「コミュニティを作り、活動するのが好き」ということを発見しました。

みの編のいろんなチームを見て回っていると、コミュデザチームの【コミュニティデザインチームにようこそ】スレの中で「人と人とをつなぐデザインをする」「コミュニティ運営を担える人材育成」を目指すチームとありました。自分は一芸に秀でている訳じゃない。でも、そういった人と人をつなげることはできる。「これだ!」と思い、コミュデザチームに入りました。

そして、オリエンがあると知って、コミュデザの仲間に入りたいと思い参加しました。

コミュニティデザインができる環境づくりをするチーム

私のコミュデザでの活動はこれが初めてで、みなさんがはじめましての状態で参加。しかし、何も心配することはなく、リーダーのこっとんさんやサブリーダーのあつみさんがわかりやすくチームの目的、チームの楽しみ方を教えてくださいました。

私がコミュデザのイベント初参加であることを伝えると、こっとんさんから自己紹介の時間をいただきました。
オンラインでの会話は人生初だったので必要以上に緊張したのですが、自己紹介するとみなさん優しく「よろしくお願いします!」と声をかけてくださり、緊張をほぐすことができました。

入ったばかりなのに、私は宴会部長のお手伝いを申し出ていて、チームの懇親会を企画中であることを伝えると「企画ありがとうございます。よろしくお願いします。楽しみにしています。」とお言葉をいただきました。
チームのメインの活動にはまだ貢献できていませんが、その言葉で自分もチームに関われているという実感を持てました。

これから「よりよいコミュニティづくり」「人と人をつなげることの重要性、楽しさ」を研究し、発信していきたいと思っています。
個人的にコミュデザチームは「作品作り」ではなく「作品作りができる環境づくり」を目的としたチームだと思っています。
他のチームが運営に困った時「コミュデザチームにお願いすれば大丈夫」と思われるようにノウハウ、知識を集めていきたいです。

コミュニティ、チーム作りをしたい方はぜひコミュデザチームにご参加ください!一緒に頑張りましょう!よろしくお願いします!

テキスト/天野
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 503本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。