見出し画像

人と企業を蝕む「PL脳」とは 朝倉祐介『ファイナンス思考』#熱狂書評

7月12日に発売開始した『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と再生の戦略論』。著者は、元ミクシィ代表取締役社長兼CEOで、現在シニフィアン株式会社 共同代表の朝倉祐介さんです。

昨日の記事にもあるとおり、とあることがきっかけで、みの編に記事執筆などのご依頼をいただいてるんです。

まさに本書の出版記念企画の記事も、みの編のメンバーが編集を担当しています。

みの編と関わりが深い本書に、メンバーの期待度も高まっているようです。

そんな本書を、これから手に取る「未来の読者」のために、ライターチーム「熱狂書評」プロジェクトでも盛り上げていきたいと思います。

「企業」を「人」に例えた、箕輪編集室メンバー清水翔太さんの熱狂書評です。

――――――

恋愛市場におけるファイナンス思考

本書を読み、会計知識に明るくない僕でも、すんなりと内容が入ってきた。その理由は、朝倉さんが読者に読みやすいよう、平易に書いてくれているというのもある一方で、「企業」に関する本書の内容が、多く「人間」にも当てはまるからだ。

本書に頻繁に出てくる「PL脳」というのは、

“目先の売上や利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度のこと”

を意味していて、そもそもの「PL」は、「損益計算書」を指す。そしてこれを、「内巻き志向で縮小均衡型の衰退サイクルに入ってしまう」きっかけをつくる、「日本企業の病魔」としている。また、そうなってしまう理由の一つに、企業側で「操作が可能であること」を挙げている。

さらに、この「PL脳」の対極に、「ファイナンス思考」という概念を置く。これは、「将来に稼ぐと期待できるお金の総額を最大化しようとする発想」で、PL脳を短期思考とするのならば、こちらは長期思考ということになる。

PL脳でみる優良株

以上のことを踏まえて、これを「人間」の世界の中でも「恋愛」に例えてみたい。

身なりが良く、ファッションに気遣い、有名な企業に勤めていて年収が高い20代男性がいる。恋愛市場では、「優良株」とされる。この男のプロフィール、つまりPLに欠点はない。

そんな男を偶然見つけた女性は、PL脳だったこともあり、二人はすぐに交際に発展した。

しかしこの男、じつは水面下では足をばたつかせていた。普段ファッションには全く気を遣わないが、デートの時だけ身なりを最高潮にもっていく。家のクローゼットの中は、昔から着ている服でほとんど占められている。

会社は確かに大手企業だが、「定年までほどほどの昇進でいい」という思考のもと行われる営業活動は、顧客の心を掴むことなく、結果成績は社内最下位。さらに内実、この企業は傾きかけている。男はそれを察知しているが、成長意欲がないので、転職も考えていない。「まぁ、なんとかなるだろう」と考えている。

「表面的によければOK」「その場を凌げればOK」これが男の信条だった。残念ながら男のPLは、男自身によって完全に操作されていた。つまり、残念ながら男も、PL脳だった。

そんなPL脳の男と、PL脳の女が交際した場合、きっと近いうちに齟齬が発生する。「あれなんか違う」と破綻に向かっていく様子が、ありありと想像できる。

PLの奥の正直な自分

一方、どちらかがファイナンス思考をもっていれば、そうした「齟齬」は早い段階で発覚するのではないだろうか。

「PL上はいいけど、実際はどうなんだ?」と考えた男は、会社の不穏な空気を察知し、転職市場に目を向ける。「格好つけてもしょうがない」と居直り、「自分は、実はこんな人間だ」と本質を開示する。それを知った女性は、その事実を踏まえた上で、男との未来を長期的に考える。

少々乱暴な例えではあるが、「企業」と「人」はそれくらい通ずる部分があるのではないかと思う。PL「脳」、それからファイナンス「思考」。「脳」と「思考」、まさに人間の所業だ。

本書はそうした、人生に関わるような本質が「ファイナンス(財源、財政)」の視点で、具体例も交えてわかりやすく書かれている。

こういった分野にアレルギーをもっている人も多くいると思われる。しかし、冒頭で朝倉さんは以下のように述べている。

“本書の目的は、ファイナンスの「理論」や「知識」を事細かく解説することではありません。ファイナンスを扱う土台となる「思考」を紐解くことに力点を置いてます”

どうやら、そういった人たちをあらかじめ想定し、誰でもくぐれるように門戸を広げて待ってくれているようだ。

この書評を読んで、少しでもこの本を手にとってくれる人が増えたら、僕はうれしい。

清水 翔太
―――――――

「人」と「企業」、そのどちらにも通じる「脳」と「思考」の話。短期的な未来をとるか、長期的な未来をとるか、知識の差はあれど、その差は一目瞭然ではないでしょうか。

本書の中には、アマゾンやリクルート、コニカミノルタなど、具体的な企業名を挙げ、実際の例をもとに解説している章もあります。経営者のかたはもちろん、そうでないかたにも具体的にイメージができるように記述されているのが、本書の特徴といえます。

自身が「PL脳」なのか、それとも「ファイナンス思考」なのか。それを知ることで、今後の人生の道筋も変わってくるのではないでしょうか。

書店にお立ち寄りの際は、ぜひ本書の前で足を止めてみてください。

引き続き、このような「熱狂書評」をお待ちしています! 朝倉さんの言葉を引用したものや一言書評でも、構いません。ぜひ、「#熱狂書評」をつけて気軽に呟いてみてください!

***

テキスト 清水翔太

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

熱狂書評
熱狂書評
  • 18本

箕輪書店(※)でいち早く入手した本や、メンバーが熱狂した本にに没入する。そして読後は、誰よりも熱狂的で質の高い書評を、自分の言葉で、ときに自身の経験になぞらえて書く。そうして出来上がった温度の高い書評を熱を保ったまま記事の中で紹介していくのが、この企画です。 ※箕輪書店:箕輪さんが「ほしい!」と思った本を買い取り、販売するかたちの書店

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。