見出し画像

箕輪編集室・公式noteではどんな記事を更新しているの?

箕輪編集室・公式noteへようこそ!

「箕輪編集室ってどんな活動しているの?」
「箕輪編集室・公式noteってどんな記事があるの?」
「箕輪さんに興味がある! ライター・編集者について何か学びたい!」

いろいろな想いを抱えておられると思います。
そこで、これらの想いにお応えすべく、箕輪編集室・公式noteのおすすめマガジンをご紹介します。


箕輪編集室ってどんな活動しているの?

箕輪編集室(以下:みの編)でその時話題になっていることは「日刊みの編NEWS」で知ることができます。毎日午前7時に投稿しています。

次に「夕刊ミノ」は、みの編の各チームの活動報告にフォーカスしたnoteマガジンです。ライターチームでなくても、各チームのメンバーがライティングを行っているのが夕刊ミノの特徴でもあります。
毎日18時に投稿しています。

箕輪さんと繋がりのある豪華ゲストを呼んで開催される定例会の記事をまとめていく「定例会マガジン」。


箕輪さんに興味がある! ライター・編集者として発信してみたい!

箕輪さんはもちろんのこと、著名なトップオブトップの方々の原液に触れられる有料マガジン「Monday Minowa(マンデーミノワ)」もご用意しています! 箕輪さんの編集論や各分野のトップランナーの方々の言葉をお伝えするマガジンです。(現在、停止中)

みの編にはどんな人がいるの?

みの編には1000人を超えるメンバーが所属しており、職業も年齢もとてもバラバラです。どういう理由でみの編に入って、どんなふうに活用しているのか、その答えもさまざまです。

「みの編メンバー図鑑」では、みの編を上手に活用して、活躍している人を紹介しています。どんな人がどのように活動しているのか、気になる方はぜひ覗いてみてください。



外から見るだけでなく、一緒に記事を書いたり、プロジェクトをやったりしてみたい! という方は、ぜひ箕輪編集室に入会してみてください。

箕輪編集室について
1.豪華ゲストを招いた月イチ定例会
2.定例会だけじゃない豪華イベント
3.箕輪さんからのFacebookグループの投稿
4.クリエイティブ制作
5.Facebookグループでの交流
6.リアルイベント、ZOOMイベントでの交流

箕輪編集室は最初、箕輪さんの仕事をアシストすることを目的にしていました。しかし、多様な才能が集まったことによって、動画や記事、ホリエモンや見城さんなどの豪華ゲストを招くイベントなど、多岐に渡るコンテンツを作っています。
クリエイティブから、マーケティング、プロデュース、制作、そしてSNSを連動したプロモーションまで、トータルに仕掛けていきます。


 箕輪編集室への入会方法 

1、以下のCAMPFIREページを開く。

2、緑色の枠の「パトロンになる」をクリックする。

3、「5940円/月」の横にある丸をクリックする。下にスクロールして、お支払い方法やプロフィール情報を入力する。

4、入力情報を確認して、登録すれば完了! その後、Facebookグループ「箕輪編集室」への参加案内がメールで届きます♩

*箕輪編集室は、Facebookのグループ機能を用いてやり取りを行っています。もしFacebookのアカウントをお持ちでない場合、最初にFacebookアカウントを新規作成することをおすすめします。


***
テキスト:荒木利彦

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。