見出し画像

ゆうこす×箕輪厚介 秀でた結果とギャップが人の心を動かす

6月17日(日)パラッツォ・デュカーレ西麻布にて「合コン2.0」と題したイベントが行われました。箕輪さんやゆうこすさんが持っている「愛され力」を切り口に、仕事や恋愛等にどう応用しているかを語っていただきました!

*前回の記事はこちら

事前に調べ尽くした上でさらっと魅せる

質問者:初対面で仲良くなりたいと思った人への距離感・近づき方で意識していることがあったら、それぞれ教えてください。

箕輪:初対面のアプローチの仕方ね。

ゆうこす:ゆうこすありますよ。事前に相手のことをめちゃくちゃ調べるんです。

箕輪:すごいよね。

ゆうこす:ただ事前にめっちゃ調べていることを、最初から絶対に言わずになんか運命づけるんです。例えば、箕輪さんが忌野清志郎が好きだとするじゃないですか。

そしたら、さらっと忌野清志郎の曲とかを出して「え、そうなんですか?」っていうふうに持っていく。もちろん仲良くなった後に「あれ、ゆうこす実は調べていたんですよ」とか言うのがかわいいかなと思って。

箕輪:すごすぎるよね。

ゆうこす:これは恋愛の話ですけど、仕事の現場でもよく相手のことを調べていきます。それって恋愛でも仕事でも使えるじゃないですか。

箕輪:すごすぎる。田端さんとゆうこすと俺のイベントがあった時に、(田端さんの新著)『ブランド人になれ!』の原稿を送ってほしいって言われて。「こんな素晴らしい人なんだ」って思ったもん。

ゆうこす:いやいや。ありがとうございます。

箕輪:すごいね。俺絶対そういうのないもん。ゆうこすくらい売れっ子になっても続けるっていうのは、なかなかできないよ。

愛される人には助けたくなるオーラが宿っている

司会:自分以外で、この人愛されているなと感じる人はいらっしゃいますか?

ゆうこす:やっぱり箕輪さんとか家入さんとか。前田裕二さんがおっしゃている(ダメな部分を補って助けてあげる)スナック理論ですよね。

箕輪:なるほどね。

ゆうこす:何か手伝ってあげたいみたいに思われる人は、羨ましいなと思いますね。

箕輪:それでいうとゆうこすがすごいのは、ゆうこすって完璧なアイドルで、可愛さ振りまいてて完璧じゃん。

ゆうこす:いえいえ。

箕輪:なのに、誰もゆうこすの悪口を言わないよね。俺とか家入さんってある種分かりやすくて、もう破滅してるから悪口が成立しないのよ。「箕輪さんっていつも酔ってて最悪だよね」とかって言っても、いやいや知ってるからみたいな。

もう最低ラインからスタートしてるから「意外と」からしか始まらないの。「意外と箕輪さんって考えてるな」とかっていうギャップがあるんだけど、ゆうこすってないよね。

ゆうこす:ヤンキーがお花に水やったらいい奴みたいなことですよね。

箕輪:そう。ゆうこすってもう完璧で良い子なのに、なんで誰も悪口言わないんだろうね。ストレスたまんない?

ゆうこす:たまんないですよ、全然。

箕輪:本当?

ゆうこす:はい。悪口言ってる人もいるかもしれないけど、ガン無視してるので。

箕輪:ガン無視してるんだ。

ゆうこす:そう。私は絶対悪口とかをリツイートしないんですよ。

箕輪:へこまないもんね。

ゆうこす:うん。本人がポジティブでいたら悪い人は寄ってこないと思うんですよね。

司会:愛されるとこんなにいいことがあったとかありますか?

ゆうこす:やっぱり自分のことを愛してくれるフォロワーさんが増えてからは、来た仕事とかを私のやりたいようにできるようになりました。

箕輪:そうだよね。

ゆうこす:だから、より自分のことを愛してくれてる人たちが喜んでくれるような仕事をできる。今までこういう芸能の仕事って、絶対的に無理だったんですよ。自分のやれることは一旦置いといて、相手にすり合わせていくことが芸能の世界は絶対あったと思うんです。

けど、自分のファンが喜んでくれるように、やりたいことをできるようになったのが、やっぱりよかったですね。

司会:愛されることで、自分がやりたいことを発信できるようになったと。

箕輪:ファンを作るってことだよね。自分のことを好きと言ってくれる人が1000人いたら、もう自分の思い通りにやりたいことができるからね。

いい人で終わらないためには「何か」で突き抜けろ

質問者:僕は知らない間に愛されてることっていうのがあるんですけど。

箕輪:どういうことだよ! 思い上がりだよ!(笑)

質問者:でも男として接した瞬間に「いや、そんなんじゃない」って言われてしまう。

箕輪:だから、思い上がりなんだよ。気のせい! ゆうこす言って!

ゆうこす:いい友達止まりで終わっちゃうってことですか?

箕輪:よくある。それってね、大気圏があるの。俺も毎回いい感じで終わる時期あった。それは、大して自分に魅力がなかったんだよ。やっぱね「この人すげぇ雑な扱いするけど好き!」みたいになれるのはやっぱその人の魅力だよ。やっぱ優しいうちは、モテない。優しさとかいい人を売りにしているうちは二流だよね。

要は、それなりの仕事をしてて、優しい人だったら大体のところまでいくの。ただ突破することは、そいつなりの破天荒さでも金でも何でもいいんだけど、偏差値が異常にずば抜けている場所がない限り無理だよ。

ゆうこすみたいな女性だったら、偏差値75くらいの男が100人ぐらい構えてる。金のこいつ、優しさのこいつ、ご飯のこいつ、落ち着きのこいつって。でも、実際に関係が深まることはない。やっぱり関係を結ぶ奴は、何かでバーン!って突き抜けてる奴なの。

で、そこはやっぱり自分の求めてる仕事とかで、成し遂げないといけないよね。要は、アベレージいい奴ってすごい素敵だし、落ち着くけど、本当の関係にはならないんだよね。

ゆうこす:何か秀でたものを持ってる人だとキュンときますね。でも、優しい人で終わるっていうのは嫌われてないんだから、マイナスに捉えなくてもいいと思います。後はギャップを見せたらいいかなと。こういう一面がありますよとか、いい人止まりだけど、ガンガン攻めていくとかする。

箕輪:なるほどね! 別に何か成し遂げてなくても、テクニカルな面でギャップを見せてどうにかなることはあるってこと?

ゆうこす:うん。

箕輪:すげぇ見た目不良っぽいのに、「猫が待っているからちょっと帰るわ」みたいな?

ゆうこす:うーん…!

箕輪:違うの?(笑)

ゆうこす:すごい遠いかもしれないけど、そんな感じでギャップを見せたらいいと思います!

***

テキスト 和田忍 奥田果 世良奈津子

編集 新井大貴 橘田佐樹

写真 田代恵理

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。